片思いでもいいから、
家族のような関係を築きたい。

北澤 学Manabu Kitazawa

mokusia 代表

SECTION 01

絶対に妥協はしたくない

同じ家づくりというものはありません。家族構成や生活スタイル、土地によって間取りやプランは異なってきます。性能も最大限高いものにしたい。お客様とは、どんな些細な希望や疑問も言ってもらえるように、そして建てた後も末永くお付き合いできるように、家族のような関係になりたいと考えています。片思いでも構いません。家は人生で一番と言ってもいいほど、大きな買い物です。だから全てにおいて妥協しないことをモットーにしています。
家を建てるといっても「何からすればいいの?」という方も多いと思います。家づくり全体の流れや住宅ローンのお話もできるようにファイナンシャルプランナーの資格も取得しました。一軒一軒にじっくりと全力で取り組んでいくことが、私の目標とする家づくりです。

SECTION 02

今の自分を築いた修業時代

18歳の時に弟子入りした親方は、今では珍しいほどノミやカンナを使う人で、大工仕事の基本を覚える上でとても勉強になりました。職人は一生修業。常に努力して腕を磨いていけることが、大工の醍醐味です。
次第に「お客様の思いを形にできる職人になりたい」という思いが強くなり、29歳の時に独立。設計事務所やハウスメーカーからの仕事を受けながら見聞を広げました。でもふと「このままじゃ家をつくっているだけだ」と気づき、建築士の試験勉強を始め、合格。徐々に元請けで新築やリフォームの依頼をいただけるようになり、現在に至ります。
今も棟梁として現場で家を建てているからこそ、施工を理解した上で設計ができる。それが自分自身の強みだと考えています。

SECTION 03

家づくりを楽しんでほしい

体を動かすことが好きで、昔からずっとサッカーを続けてきました。冬にはスノーボードにも行きます。結婚して、子どもが生まれた今は、休日は公園に出かけたり、散歩をして過ごすことが多いですね。家族と一緒にいると癒やされます。
何かと忙しい毎日ですが、妻は応援してくれていて、とても感謝しています。家族ができ、家づくりへの様々な思いも、より身近に感じられるようになりました。
家づくりは、モノづくりではなく、「コトづくり」。家族の思い出が生まれる場所をつくる、とても幸せな時間です。家づくりは一生に一度という方が多いはず。ぜひ楽しんで、悩んでもらいたいです。そして私が一緒に家づくりをできるなら、最高に嬉しいことです。

mokusiaへの資料請求はこちら

JIFT MEMBER

JIFTに所属するのは、大工・建築家・アドバイサーという3つの視点を持つ家づくりのプロフェッショナルたち。
お客様の理想の暮らしを実現するために、技術を磨き、知識を身につけ、日々レベルアップに努めています。

JIFT(ジフト)事務局
電話:025-282-7750
〒950-0811 新潟市東区材木町1-58

無料相談・資料請求